プレミアムフライデー参加企業&団体一覧

プレミアムフライデーを社員や役員、従業員に向けて実施する企業・団体一覧

プレミアムフライデーの実施を決定した企業を一覧にしてみました。実施内容の詳細が分かったものから順次追加していきたいと思います。大手企業を中心に、今後取り組む企業は徐々に増加していくのではないかと予想します。

SBT 初回のプレミアムフライデーの2月24日は15時退社を推奨。その後は定期的に15時退社日を設置することを前提に検討する。今後、プレミアムフライデーの社会的な浸透や同社のビジネスモデルも考慮し、3月以降の実施日を決定していく。
三菱自動車 生産現場を除く開発や営業部門などが対象で、月末の金曜日に午後3時退社を推奨する。社員のモチベーション向上に加え、責任や権限の明確化も同時に進め、組織や働き方にメリハリをつける。
ダイワハウス工業 実施日 :原則、偶数月の最終金曜日(初回は2017年2月24日)
実施内容:該当日は就業時間を「9~18時」等から、全社一律で「8~17時」に変更し、午後は半日有休とする。
ソフトバンク 毎月末の金曜日の退社時間を午後3時に変更。
ソフトバンク・テクノロジー 「プレミアムフライデー」の取り組みに賛同し、2017年2月24日(金)より、15時退社の社内制度を取り入れる。また、2017年2月1日に社員のフレックスタイム制への移行が完了。2017年3月以降は月末金曜日の15時退社をベースとしながらも、繁忙期や飛び石連休などを考慮して運用する。次回は、2017年3月24日(金)を15時退社日とする。
サニーサイドアップ 「たのきん」制度を導入
■2017年2月より毎月最終金曜日の就業時間(通常午前10時~19時まで)を午前10時〜15時
■初回となる2017年2月24日(金)には、非正規雇用社員を含むサニーサイドアップの全メンバーに「プレミアムフライデー支援金」3,200円を支給
■非正規雇用社員は、毎月最終金曜日の就労終業時間を15時までと定め、19時までの通常
給与を全額支給
■毎月最終金曜日の15時以降は、社内会議、および社内行事等を実施しない
大日本コンサル 2017年4月の最終金曜日から実施に移す予定。毎月最終金曜日の午後3時以降を全社員を対象に有給休暇(1時間単位の有給取得)とすることを検討。4~6月は推奨期間として試行し、来期に入る7月からは就業規則を改定した上で、本格的に運用する。
住友商事 1月27日から導入済み。該当日を全休または午後半休の取得推奨日に設定。月末金曜日に有給休暇取得が難しい場合は、同社のフレックスタイム制度でコアタイム終了時刻(午後3時)の退社を奨励する。さらに「プレミアムフライデーズ」と称し、月末以外の他の金曜日も有休取得を奨励する。
スターフライヤー 2月24日(金)より毎月最終金曜日、スタッフ部門においてフレックス勤務や午後の半日有休を活用し、15時を目途とした退社を推奨する。
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC) 遅くとも15時退社を推奨。基本的に有給休暇取得を推奨し、それが難しい場合は午後半休を取得して12時に退社など、各種制度を活用して各自が15時までに退社することを想定。
エヌ・デーソフトウェア(NDソフト) 原則、偶数月の最終金曜日の退社時間を午後3時とする。通常通り午後6時まで働いたとみなし、給与などは変わらない。全従業員約470人が対象。介護保険制度改正対応など繁忙期のほか、部署によっては実施時期をずらす。
ヒューリック 正社員らを対象に金曜日に半休の取得を推奨する制度
USEN すべての部署の従業員約2600人が対象で、2017年2月10日の制度スタート時には午後3時に退社できるようにする。3月以降については月末に実施するのが適当かどうかなどを2月の状況をみて検討する。
サンワカンパニー 初回日となる2017年2月24日(金)より履行。各ショールーム勤務者も含めた全従業員もこの取組を実施。実施日である最終金曜日に取得が困難なスタッフについては同月内にいちど15時退社日を別途個別に設定。全従業員が等しく同制度を利用できる運用体制を整える。
森永製菓 24日から、毎月末の金曜日に全日もしくは午後、有休取得することを推奨する。対象はパートを含む全従業員1349人で、休暇取得が難しい部署の場合は管理職の裁量で柔軟に対応する。該当日には会議や行事を減らす考え。経済産業省が推進する「プレミアムフライデー」に対応。
氷見市 2017年2月24日から導入すると発表、業務は通常通り実施。各課で職員の3分の1ずつローテーションを組み、該当の金曜日は午後1時に退庁してもらい、時間給の取得を促進する。業務は残り3分の2の職員でこなし、1人当たり年4回の取得を目指す。
アンダーワークス 2017年2月24日以前に既に実施中。また、祝日が土曜日と重なった場合、その前日の金曜に休暇を振り替える「わくわく金曜日」制度を発表。
アンファー 毎月月末の最終金曜日の就業時間(通常9:15~18:15まで)を9:15~16:00とする。原則、申請者以外は通常勤務を可能とする。
トリンプ・インターナショナル・ジャパン 24日から午後3時の退社を促す。本社と各営業所の社員約300人が対象で、毎月末の金曜に実施する。午後3時以降はオフィスを消灯するほか、海外とのやりとりも含め社内会議や商談は原則禁止し、電話も留守番電話に切り替える。店舗の販売員は対象外とする。
サントリーホールディングス 国内のグループ社員約5000人を対象に午後3時の退社を奨励する。
三菱製鋼 4月から独自のプレミアムフライデーを取り入れる。平日残業を原則、午後8時以降は禁止し、月1回第2週か第3週の金曜日は午後3時退社を導入する。
飛騨信用組合 1月13日から毎週金曜日に社員が15時半に退社する「プレミアムフライデー制度」を導入した。本部部門の44人で実施を開始した。対象職員が交代制で月1回のペースで、毎週金曜日の15時半退社を実現していく。早帰りした日の労働時間については、定時まで働いたものとみなすとしている。
野村HD 2月24日から「プレミアムフライデー」を導入する。国内グループ会社の1万6500人を対象に、毎月末金曜日の午後1時からの有給休暇取得や、緊急時を除いた社内会議開催の自粛を促す。
コダック 2月17日から取り組みを開始する。毎月月末の金曜日に限定せずに、すべての金曜日を全休・午後半休取得奨励日とする。有給休暇取得をしない場合、フレックスタイム/スーパーフレックス制度を活用し、業務のゆるす限りすべての金曜日午後3時退社を奨励する。
清水建設 24日から、時間単位で有給休暇を取得できるようにする。
ギャップジャパン 2008 年より「サマーアワーズ」を導入。7 月~9 月中毎週金曜日は、お昼にはオフィスをクローズし従業員は帰宅することができます。本社では受付なども 13:00 で退社するため、来客もありません。社内ミーティングも禁止されています。この取り組みは、本社だけでなく、店舗勤務の社員含む全正社員にも適用されています。
北都銀行 毎週金曜日に行員に早期退社を促す制度を始める。管理職を含む全行員が対象。交代で午後4時以前に退社するよう奨励し、3カ月に1回以上の取得を勧める。平日以外も営業する店舗では、行員の休前日に取得できる。
エル・エム・ジー全社 2017年2月24日(金)より,グループ各社全体で毎月最終金曜日の退社時間を15時に変更することを決定。
富士フイルムHD 24日から実施予定。
西日本鉄道 月末の金曜午後3時をめどに退社を促し、消費を喚起するプレミアムフライデーを2月から実施する。
JBCCホールディングス株式会社 各四半期末月(3月、6月、9月、12 月)を除く月末最終金曜日(初回は平成29年2月24日実施)をプレミアムフライデーとし、該当日は退社時間を「15時」を基本とします。(通常の退社時間は「17時30分」)
鳥取県 月末の金曜に早帰りを促し消費を喚起する「プレミアムフライデー」に関し、職員のフレックスタイムの申請期限を前日までに緩和することを決めた。これまでは前々週末が期限だった。プレミアムフライデーに限って、前日までに庁内情報システムで時差出勤を届ければ原則、早帰りが可能になる。同県は24日や3月の実施状況を見て、定着に向けさらなる取り組みを検討する。
ユニ・チャーム 有給休暇の取得や在宅勤務の実施を従業員に呼び掛ける。働き方改革に向けた取り組みの一つとして、月末の金曜日を社員がリフレッシュする日と位置づける。全社員約1500人が対象。
武田薬品工業 推奨
エーザイ 推奨
アステラス製薬 16時終業
ファイザー製薬 16時終業
お仏壇のやまき 14:00退社。小売店のため一斉実施を見合わせ、1月はAグループ、2月はBグループが帰宅します。
日本テクノ 本社および各営業所・サービスセンターの全社員対象、期間は2017年2月24日(金)13時00分~18時00分まで(後半休の適用範囲)
LCL 2/24当日は、15:00で業務を終了。全従業員が対象。
ネクスト 従業員対象。2017年1月27日(木)より毎月最終金曜日。2週間前の金曜を申請の締め切りとし、業務に支障が出ないように各個に自身の業務予定の調整を任せることで、取得。
ipoca 初回日の2017年2月24日(金)より業務時間を15時までとし、初回限定特別企画として、全従業員に一人当たり5,000円の商品券を支給いたします。
フォスター電機 2月24日、15時30分を“退社奨励時間”とし、業務を終えた従業員は帰宅を奨励いたします。
オリエントコーポレーション 毎月の月末最終金曜日を全社一斉定時退社奨励日といたします。また、月1回を目安として、休日等の前日を午後半日休暇の取得奨励日といたします。
アストラゼネカ 2016年3月から毎週金曜に午後4時退社を推奨する「ハッピーライフフライデー(HLF)」をすでに開始。
コマツ 月末の金曜日には国内の全従業員約1万人を対象に、午後3時45分の退社を推奨する。工場などでは就業時間が本社と異なるケースもあるため、半休を活用。
日産 対象日の午後3時以降はなるべく会議などを設けないようにして早めの仕事終わりにつなげる。
三機工業 独自の「三機スマイルデー」を新設した。月末営業日や年末休暇との重複を防ぐため、毎月月末の金曜日ではなく給与支払日に設定。24日から運用を開始し、全日・半日有給休暇の取得やノー残業を推奨していく。
南薩観光 就労時間を、当該日にすべて15:00に業務終了いたします。(但し、事業運営から15:00以降も当番制にて勤務はいたしておりますが、代表電話など停止いたします) また、社員の家族や友人との飲食消費等促すために、該当設定日すべてに全営業社員に一律の手当付与いたします。
ダイヤモンドダイニング 本部社員に関しては、15時に退社を推奨することでワークライフバランスの推進に取り組みます。
三昌物産 2月24日(金)より、最終金曜日に本社勤務スタッフ・一部工場スタッフにおいて、15時を目途とした退社を推奨することと致しました。定刻終業時間より2時間半ほど短縮。
東京急行電鉄 約4400人の社員全員を対象に、月末の金曜日に早期帰宅を推奨し、消費を喚起する「プレミアムフライデー」を支援する。4月から福利厚生制度を使い、飲食などの関連消費に関し、年間で最大1万円相当分を補助する。
プラスディー 2017年2月24日(金)より、毎月最終金曜日は15時退社を推奨します。