プレミアムフライデーとは?

プレミアムフライデーのロゴマーク

「プレミアムフライデー(Premium Friday)」とは、毎月末の金曜に消費活動を促すために経済産業省や経団連、小売り、旅行などの業界団体が実施する取り組みで、2017年2月24から実施すると決めました。

買い物をしやすいように従業員の終業時刻を早める取り組みも進め、月末の金曜日は従業員が午後3時をめどに退社できるよう企業に働きかける方針です。

各地のショッピングセンターや商店街などにイベントやキャンペーンを企画してもらい、買い物や外食、旅行など幅広い分野の消費を喚起するのがねらいです。

ブラックフライデーとの違い

「ブラックフライデー(Black Friday)」とは、小売店などで大規模な安売りが実施される11月の第4金曜日のことを指します。アメリカ合衆国では感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日にあたり、この日は正式の休暇日ではありません。

ですが、休暇になることが多く、当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日にもなっています。ブラックフライデーには買い物客が殺到して小売店が繁盛することで知られ、特にアメリカの小売業界では1年で最も売り上げを見込める日とされています。

また、ブラックフライデーは年末商戦の幕開けを告げるイベントでもあります。日本でも一部では消費喚起を狙って、ブラックフライデーのセールが開催されるようになりました。2016年にはノジマやイオングループが初めて本格的なブラックフライデーのセールを開催しています。

何ができるようになるの?

例えば、月末の金曜日にこんなことも可能になります。

  • ショッピングやジムに通ったりできるようになる
  • 金曜のお昼から国内旅行へ行ける
  • 近距離(アジアなど)の海外旅行へ行ける
  • プロ野球ナイトゲームは試合開始から観戦できる
  • 平日にコンサートやライブに行ける
  • ディズニーランドをアフター6パスポートで満喫できる
  • 会社帰りのショッピング(家電量販店など)
  • 平日に役所や銀行に行けるようになる

百貨店や旅行会社などでイベントも

プレミアムフライデーに向けて各社が様々なイベントやキャンペーンの実施を計画するそうです。居酒屋などの飲食店や家電量販店等の小売業等でも期待できます。まだ計画段階のところが多いですが、プレミアムフライデー実施が近づくにつれて、続々と発表されていくであろうと予測できます。

プレミアムフライデーのメリット&デメリット

メリット

  • 仕事を効率よく終わらせようとする意識が生まれる
  • 労働時間の短縮でプライベートの時間が増える
  • 消費行動をする時間が生み出される
  • 消費が増え景気拡大につながる、さらにはデフレ脱却につながる
  • 事業者や国民の間に一体感が生まれる

デメリット

  • 強制力がなく、実施するかどうかは労働者を雇っている企業次第
  • 働く人全員の実現は不可能
    (実際には15時に帰れる人のほうが少ない、全員が土曜日・日曜日が休日というわけではない等)
  • 自由な時間があってもお金がなければ消費できない
  • 休んだ分のしわ寄せが他の日に(休日出勤等)
  • 休める人と休めない人との格差問題
  • 会社の飲み会が増える可能性

デメリットがたくさん目立つ方策で、はっきりとした効果は実施してみなければ分かりません。しかし、あるシンクタンクによると1日あたり1200億円くらいの経済効果があるのではないかという試算もあります。